sildenafil citrate chewable tablets 100mg tadalafil mail order kamagra blue pill

このたび、神田ポート企画の展覧会では、書籍『活字地金彫刻師・清水金之助 ―かつて活字は人の手によって彫られていた―』の電子版刊行記念として「種字彫刻の魅力、写真とことば」展を開催します。

この展覧会は、本書の元となった連載記事での取材時に、写真と文章をそれぞれ担当していた写真家・池田晶紀と編集者・ライターの雪朱里のふたりによって実現した企画です。

紙の書籍としては2011年7月に500部限定で刊行された希少なものでしたが、この度電子書籍化の運びになり、ひろくご購入いただけるようになりました。

展覧会とあわせて、ぜひご覧ください。

Capture0067-10394-2_600
写真:池田晶紀

Capture0077-10124_600
写真:池田晶紀

ことば_600
『活字地金彫刻師・清水金之助 ―かつて活字は人の手によって彫られていた―』より、雪朱里さんによる抜粋。

タイトル_清刷り_scan_600
題字活字組版・活版清刷:三木弘志(有限会社 弘陽)



「種字彫刻の魅力、写真とことば」展 開催にあたって

簡単に経緯を説明すると、『デザインのひきだし』(グラフィック社)という印刷や紙に関わる専門雑誌の中で、その道で優れた人に焦点をあてた「名工の肖像」という連載記事が10年以上、現在も続いています。

池田と雪さんはその記事を担当し数々の名工に出会ってきました。そしてまだ連載も始まったばかりの頃、清水金之助さんという種字彫刻をつくる職人さんに出会ったことが、後にも先にも忘れ難い衝撃的な出会いとなりました。

残念ながら、金之助さんは2011年12月に89歳でお亡くなりになりましたが、取材に伺った2008年頃は86才とは思えないくらいすこぶる元気なおじいさまでありました。

二人が当時見てきたもの、聞いてきたことばは、一度書籍化されていて限定本となって完売しました。しかし、もっとさらに身近な人にも知ってもらいたいという気持ちから、電子版としての発売が決まったことをきっかけに、再度、生の活字彫刻と向き合い、池田が写真をとり、ことばをひろいあげる作業を雪さんが担当し、これを展覧会として発表しようと試みることにしました。

私たちがあたりまえに見てきた印刷物の大元には、種字を彫る彫刻師がいて、今ではあまりにも遠いイメージとなってしまった存在であるけど、本展では再びその作り手の声と輝かしい種字彫刻の世界を体験して頂けたらと思います。

—–

「清水金之助さんのこと」
清水金之助の本をつくる会 雪 朱里

 清水金之助さんは、種字彫刻師です。活字の鋳型となる「母型」の、さらにもとになる「父型=種字」を彫る職人でした。金属(地金)の種字を彫っていたので、「地金彫刻師」「直彫り師」とも呼ばれました。

 1922年(大正11)1月10日、東京生まれ。高等小学校を卒業後、14歳で種字彫刻(地金彫り)の名人・馬場政吉に弟子入りし、種字彫刻師になります。1945年(昭和20)の終戦後には、東京都大田区に自分の地金彫り工房を構え、独立しました。清水さんは、当時、母型製造・活字鋳造のトップメーカーだった岩田母型製造所(デジタルフォントメーカー・イワタの前身)などの注文を受けて、新聞などに用いられる活字の種字彫刻を手がけていました。

 しかし1950年代ごろから「ベントン彫刻機」という機械の国産機が普及しはじめ、種字彫刻の注文が少しずつ減っていきます。1961年(昭和36)、清水さんはとうとう種字彫刻工房を閉め、種字の手彫りの仕事を終えました。ところが2004年(平成16)になって、活字史研究者などで構成される「活字研究会」から「種字を彫ってほしい」と依頼を受けます。これを機に、清水さんは43年ぶりに種字彫刻を再開。以降、2011年(平成23)12月に亡くなるまでのあいだ、何度も実演会を開催しました。

 見ているほうが息を止めてしまうような細かい作業をしているのに、清水さん自身はいつも笑顔で、「なんでも質問してくださいよ」と気さくにお話しをしながら、手はまったく止めず、マッチ棒ほどの小さな軸に下書きなしで、左右逆字の種字をどんどん彫り上げていきました。2011年7月に開催した「最後の実演会」では、わずか4時間弱のあいだに8ポ(約2.8mm角)の種字を5本も彫り上げるほどの速さ(明朝体/太、小、凡、田、夏の5文字)。種字彫刻師の仕事は、まさに神業だったのです。


—–


神田ポート企画
『活字地金彫刻師・清水金之助 ―かつて活字は人の手によって彫られていた―』電子版 刊行記念
「種字彫刻の魅力、写真とことば」展

【会期】
2022年7月16日(土)〜7月31日(日)
【時間】
11:30〜19:00
【入場料】
無料
【会場】
神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9 神田ポートビル1F)
【URL】
https://www.kandaport.jp/


【電子書籍】
『活字地金彫刻師・清水金之助 ―かつて活字は人の手によって彫られていた―』
2022年6月24日 ボイジャー・プレスより刊行
雪 朱里=著 清水金之助の本をつくる会
価格:1,320円(税込)

書籍紹介HP ※amazonやhontoなど、こちらのサイトからご購入いただけます。
https://ykakr9.wixsite.com/kinnosuke

清水金之助_電子書籍表紙_600

注記
※神田ポートでは会期中に会場を撮影スタジオとして使用することがあるため、
一時的にクローズさせていただくことがあります。ご了承ください。

〜クローズ日程のお知らせ〜
7月24日(日) 11:30〜12:30


※来場時のお願い
・入場にあたり、マスクの着用・アルコール消毒・体温測定等、感染症拡大防止へのご協力をお願いいたします。
・発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方は、ご来場をお控えください。
・展示スペース内の滞在人数に応じ入場制限を実施する場合がございます。

※会場内の感染予防
・会場内の清掃、換気、手が触れる場所の消毒を定期的に行います。

_DSC3354

_DSC3365

_DSC3362

_DSC3368

_DSC3379

_DSC3380
photo:Yuka Ikenoya
    
2022年7月3日(日)をもちまして、
みずのき美術館コレクション展「みて、居る vol.2」は無事に終了いたしました。
おかげさまで多くの方々にご来場いただくことができました。
心よりお礼申し上げます。

フィンランド発祥のスポーツに「モルック」があります。
日本ではまだまだ馴染みの薄い競技ですが、神田ポート夏至祭のこの機会にモルックを体験できる企画を用意しました。

フィンランドの文化では、夏至の日に仲間や家族とサウナに入り、モルックをしてたのしむ習慣があるそうです。
そんなことをここでもやってみたい!という願いを実現させた、サウナと組み合わせた企画です。
なのでタイトルは「モルックとサウナ」。

日本ユニバーサルモルック協会会長であり、モルック日本代表でもある山口順さん監修のもと、
神田ポートビル屋上での開催となります。

ぜひ、サウナとセットでたのしんでいただけたらと思います。

モルックとサウナ_600

神田ポート夏至祭特別企画
「モルックとサウナ」


【開催日】 2022年6月25日(土)
【開催時間】14:00-16:00
【定員】 9名 ※先着順/定員になり次第、受付は終了いたします。
【参加費】無料
【会場】神田ポートビル屋上(東京都千代田区神田錦町3-9)
【監修】山口順(日本ユニバーサルモルック協会代表・モルック日本代表)

・日本ユニバーサルモルック協会HP
https://universalmolkky-japan.themedia.jp/

【モルックとサウナのお申し込み】
Peatixよりお申し込みください。

https://molkky-to-sauna.peatix.com


注:サウナをご希望の方は6/18以降にサウナラボ神田の予約ページより別途お申し込みください。
サウナラボ神田の予約ページURL
https://select-type.com/rsv/?id=NU9l1ADZjFk

_DSC3120

_DSC3133

_DSC3088

_DSC3096

_DSC3071

_DSC3082

_DSC3142

_DSC3102
photo:Yuka Ikenoya
    
2022年5月29日(日)をもちまして、
梅仕事の本 きょうの塩梅 -Easygoing Umeshigoto- 出版記念 川瀬一絵写真展「6月の星」は無事に終了いたしました。
おかげさまで多くの方々にご来場いただくことができました。
心よりお礼申し上げます。

2022年6月1日(水)より、京都・亀岡にある「みずのき美術館」のコレクション展を開催します。

昨年末の第1回に続き、無事に第2回の開催を迎えることができました。
前回とはまた趣向の違ったコレクション作品をお楽しみいただける構成となっております。

ぜひご覧ください。

みて居るvol2_kv_600
photo:Yuka Ikenoya



みずのき美術館コレクション展「みて、居る vol.2」作品選定にあたって

本展開催にあたり、今回は「人物画」に焦点をあて作品をセレクトしてみました。

日頃から、みずのき美術館のコレクションを見続けているとさまざまな発見や感動に出会います。
そのなかでも「人物」をモチーフにした作品には、作家個人の思いやイメージが強く表出しているように思え、
前回のテーマの「風景」とまた違ったコレクション作品の一面を垣間見ていただけるのではと考えたからです。

本展を通じて、今回もみずのきの作家たちが織りなす表現の豊かさを観て感じていただければ幸いです。

神田ポート・プロデューサー
小林知典



神田ポート企画 
みずのき美術館コレクション展「みて、居る vol.2」


【会期】
2022年6月1日(水)〜7月3日(日)
※休廊日:6月9日(木)
【時間】
11:30〜19:00
【会場】
神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9 神田ポートビル1F)
【URL】
https://www.kandaport.jp/



注記
※神田ポートでは会期中に会場を撮影スタジオとして使用することがあるため、
一時的にクローズさせていただくことがあります。ご了承ください。

〜近日中クローズ日程のお知らせ〜
6月4日(土) 11:30〜12:30
6月7日(火) 11:30〜14:00
6月11日(土) 11:30〜12:30
6月19日(日) 11:30〜14:00
6月21日(火) 11:30〜15:00
6月24日(金) 11:30〜15:00


※来場時のお願い
・入場にあたり、マスクの着用・アルコール消毒・体温測定等、感染症拡大防止へのご協力をお願いいたします。
・発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方は、ご来場をお控えください。
・展示スペース内の滞在人数に応じ入場制限を実施する場合がございます。

※会場内の感染予防
・会場内の清掃、換気、手が触れる場所の消毒を定期的に行います。

_DSC1630

_DSC1652

_DSC1650

_DSC1646

_DSC1655

_DSC1659
photo:Yuka Ikenoya
    
2022年5月18日(水)をもちまして、
「SAUNA FREEZERと神田ポート」展は無事に終了いたしました。
おかげさまで多くの方々にご来場いただくことができました。
心よりお礼申し上げます。

2022年5月21日(土)より、梅仕事の本「きょうの塩梅 -Easygoing Umeshigoto-」出版記念イベントとして、
写真家・川瀬一絵の写真展「6月の星」とフードデザイナー・中山晴奈による「梅ワークショップ」を開催します。

川瀨一絵の写真展では、「きょうの塩梅」の掲載写真の原本を多数展示。フィルムで撮影し、手焼きしたプリントをスキャンして原稿にしました。印画紙に焼き付けたCプリントの塩梅をご高覧ください。

そして、中山晴奈の「梅ワークショップ」では、シロップ作りや調味料作りなど、梅仕事の楽しみを体験できるプログラムになっております。

イベント初日5/21(土)には出版記念のトークイベントも開催します。

各イベントは定員に達し次第受付は締め切らせていただきます。
みなさまお申し込みお待ちしております。

ぜひお越しください。

IMG_20220412_0025_600

梅仕事の本「きょうの塩梅 -Easygoing Umeshigoto-」
発行日 2022年4月29日
定価 3200円(税込)

著者:中山晴奈
写真:川瀬一絵
エッセイ:伊藤洋志
農園:藏光農園
デザイン:山田洋平(MAQ inq.)
発行者:中山晴奈
HP:https://foodstudy.work/
問い合わせ:info@foodstudy.work



【展示】
川瀬一絵写真展「6月の星」
期間:2022年5月21日(土)〜29日(日)
時間:11:30〜19:30 ※最終日は18:30まで
会場:神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9神田ポートビル1F)
入場料:無料

IMG_20220412_0006_600

IMG_20220412_0024_600

IMG_20220412_0013_600



【梅仕事ワークショップ】
① フレーバー梅シロップを仕込む
② 梅調味料3種を仕込む
③ 基本の梅干し、超減塩梅干し、はちみつ梅干しを仕込む



●梅仕事ワークショップ①
「フレーバー梅シロップを仕込む」

スパイス、アールグレイ、レモネード風の3種の梅シロップを仕込みます。梅の取り扱い方を基本から学びます。
ジップロックでのお持ち帰りになります。ご帰宅後は保存瓶に移し変えてください。

日時:
2022年5月21日(土)11:30~13:00
2022年5月28日(土)14:30~16:00

定員:各回10名
参加費:5000円(材料費込み)
持ち帰り:梅シロップ3種 各400gずつ
講師:中山晴奈
※3歳以上の子ども参加可能

お申し込みは、Peatixイベントページよりお申し込みください。
・5/21の回
http://ptix.at/BfgYz9
・5/28の回
https://umeshigoto02.peatix.com/

IMG_20220419_0009_600


●梅仕事ワークショップ②
「梅調味料3種を仕込む」

さしす梅、味噌梅、梅アチャール(スパイス漬)を仕込みます。梅の取り扱い方を基本から学びます。
1年経ったものの味見もして、応用料理のレシピもご紹介します。
ジップロックでのお持ち帰りになりますので、ご帰宅後は保存容器に移し変えてください。

日時:2022年5月22日(日)14:00~15:30
定員:各回10名
参加費:6000円(材料費込み)
持ち帰り:梅調味料3種 各300gずつ
講師:中山晴奈

お申し込みは、Peatixイベントページよりお申し込みください。
https://umeshigoto03.peatix.com/
IMG_20220419_0024_600


●梅仕事ワークショップ③
「基本の梅干し、超減塩梅干し、はちみつ梅干しを仕込む」

ジップロックで気軽に梅干しを仕込みます。
ジップロックでのお持ち帰りになりますので、ご帰宅後は保存容器に移し変えてください。

日時:
2022年5月28日(土)11:30~13:00
2022年5月29日(日)14:00~15:30
定員:各回10名
参加費:5000円(材料費込み)
持ち帰り:梅調味料3種 各300gずつ
講師:中山晴奈
※3歳以上の子どもも参加可能です

お申し込みは、Peatixイベントページよりお申し込みください。
・5/28 の回

http://ptix.at/t576hZ
・5/29 の回
https://umeshigoto05.peatix.com/
IMG_20220419_0017_600


【トークイベント】
「梅仕事はカウンターカルチャー」
撮影時の裏話や、本を出版するにあたってのエピソードなどお届けします。
ゲストは遊撃農家の伊藤洋志氏。遊撃農家という仕事や氏が梅仕事に感じるカウンターカルチャーを語ります。


日時:2022年5月21日(土)14:00~16:00
定員:20名
参加費:500円(ワンドリンク込)
ゲスト:伊藤洋志(遊撃農家)、川瀬一絵(写真家)、中山晴奈(フードデザイナー)

お申し込みは、Peatixイベントページよりお申し込みください。
https://umeshigoto06.peatix.com/

【参加時のお願い】
・入場にあたり、マスクの着用・アルコール消毒・体温測定等、感染症拡大防止へのご協力をお願いいたします。
・発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方は、当日のご参加をお控えください。
・会場内の清掃、換気、手が触れる場所の消毒を定期的に行います。


【プロフィール】
中山晴奈
千葉県生まれ。東京藝術大学大学院先端芸術表現修了。食を切り口に文化や社会を探る作品づくりや、地域文化や農林水産品を新しくとらえるレシピづくりなど、コミュニケーションデザインを行う。東北食べる通信は立ち上げから2021年まで約10年にわたりかかわる。作家としてフューチャースケープ展(2022年、象の鼻テラス)、フードスケープ展(2016年、アーツ前橋)等にも参加。 https://foodstudy.work/

川瀬一絵
写真家。1981年島根県出雲市生まれ、横浜市在住。気に留まる些細な物事を採集する手段としてカメラを使う。主な個展に「きみの名前」(2020年、dragged out studio)、「北風と太陽」(2016年、gallery to plus)、「空の耳」(2009年、dragged out audio)などがある。

伊藤洋志(ナリワイ)
1979年香川県丸亀市出身。2011年より遊撃農家と称して収穫と販売を担当する土地を持たない兼業農家の形を実践している。梅の収穫歴は10年を超えた。SAGYOディレクターとして野良着の開発にも携わり、さまざまな方面で手仕事産業の振興に取り組んでいる。 http://nariwai.org/ume/



2022年5月5日のこどもの日に、ゆかいワークショップ「ねんどに触れる」を開催します。

講師には、これまでも親子を対象としたねんど教室を数多く開催してきている、
ねんドル岡田ひとみさんをお招きします。

今回は「ねんドル岡田ひとみのねんどでミニチュアクッキング」と題し、
3歳以上のお子さんと保護者のペアを対象としたねんど教室です。

ティータイムがあったり、ねんど教室の後にはゆかいが思い出写真を撮影したりと、
親子でお楽しみいただけるプログラムとなっております。

お申し込みは、4月28日(木)昼12時より先着順で受付を開始します。
なお、定員に達し次第受付は締め切らせていただきます。

みなさまお申し込みお待ちしております。

ねんどに触れる_600

ねんドル2109~アー写A_600
ねんドル岡田ひとみさん(写真:池田晶紀)


ゆかいワークショップ「ねんどに触れる」
ねんドル岡田ひとみのねんどでミニチュアクッキング
開催日:2022年5月5日(木・祝)
時間:開場 午後 1時40分 /開演 午後2時~3時30分
会場:神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9神田ポートビル1F)
定員:12組24名
対象:3歳以上のお子さんと保護者のペア
参加費:5500円(税込み) ※ おやつ「柏餅」+材料費+記念写真代+おみやげ付き 
今回のメニュー:
ティータイム…お茶とひと組にひとつ柏餅がつきます
ねんど教室…ミニチュアパフェグラスを使ったパフェ
撮影タイム…ご自身のカメラやスマートフォンを使っての撮影後、ゆかいによる撮影(後日データをお送りします)

【受付開始】
4月28日(木)昼12時より先着順で受付開始。Peatixイベントページよりお申し込みください。
̶h̶t̶t̶p̶s̶:̶/̶/̶n̶e̶n̶d̶o̶-̶n̶i̶-̶f̶u̶r̶e̶r̶u̶.̶p̶e̶a̶t̶i̶x̶.̶c̶o̶m̶/̶
※定員に達しましたので募集を締め切らせていただきます。お申し込みありがとうございました。



【ご注意】
3歳以上のお子様と保護者のペアでお申し込みください。
お子様のみ、保護者のみの参加はできません。
スペースの都合で参加者以外は会場には入れませんが、3歳未満のお子様がひざの上で見学は可。
写真・動画の撮影は指定された時間のみ可。
動画のネット投稿はご遠慮ください。

—–
【講師profile】
ねんドル岡田ひとみ 〈エデュテインメントアーティスト〉
2002年、ねんど職人+アイドル⇒“ねんドル”を宣言!
創造性と想像力を育むことを目的とした親子ねんど教室、書籍の執筆、原型デザインなどを行い、ねんどの持つ可能性を探る。
ねんど教室は年間10,000人以上に直接指導、海外でも五大陸25都市以上で開催。
日本やニューヨークの子どもたち向けにオンラインレッスンもスタートする。
現在、NHK Eテレ「ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!」に“おねんどお姉さん”として出演中。
HP https://radical-planet.com/hitomi/

—–

【新型コロナウイルス感染症への対策について】
・スタッフ・出演者等の体調管理・検温などを行っております。
・感染症対策を第一とし、感染の可能性が疑われる場合には中止や開始後の中断など皆様へのご協力をお願いする可能性があります。
・会場施設内での接触の多い箇所や材料の消毒、換気を行います。
・スタッフ、出演者はマスクやを着用いたします。
・参加人数を少人数にして行います。
・お席や道具はご家族毎にご準備します。
・出演者と皆様の交流や撮影等、一部演出を変更して開催します。ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

※参加者の方は必ずお読みください。
【お客様へご協力のお願い】
・アレルギー、喘息の方や持病をお持ちの方などを除き、 発熱、咳、のどの痛み、倦怠感など、 厚生労働省が例示する新型コロナウイルス感染症の症状と思われる状況がございましたら、ご参加をお控えください。
・同居のご家族などが体調不良の場合もご参加をお控えください。
・お子様もマスクの着用をお願いいたします。
・当日検温させていただきます。
・石鹸での手洗いと会場入り口での手の消毒にご協力お願いいたします。

【お問い合わせ】
info@yukaistudio.com 

【主催・運営】株式会社ゆかい/株式会社チーズ/オー!ねんどオンライン

DSC_2790_600

SF_600

SAUNA-FREEZER_600


制作:サウナラボ
ロゴデザイン:広岡ジョーキ
アートディレクション&写真:池田晶紀

—–
今年3月にお披露目されたばかりの話題のモバイルサウナ「SAUNA FREEZER」

4tトラックの冷凍車を改造し、アイスルームとサウナ室を組み合わせるというびっくり仰天なアイデアから生まれた「SAUNA FREEZER」は、これから日本中を旅していきます。

最初に向かった先は、3月11日の気仙沼の漁港(唐桑町)。

「震災から11年目の節目の再スタートをサウナと共に盛り上げていきたい。」そんな想いで動き出したのが、「SAUNA FREEZER」の産みの親であるサウナラボの米田行孝さん。そこに応援する仲間が集まり実現しました。

神田ポートビルでは、オープン1周年という記念すべきタイミングに、港(ポート)と港をつなぐ新たなスタートとして、「SAUNA FREEZER」の気仙沼で撮影された大判プリント写真作品の展示とデザイングッズの販売をすることにしました。

みなさまにとってのあらたな船出となる港になれるようにと考えております。

是非お立ち寄りください。

—–

「SAUNA FREEZERと神田ポート」展
期間:2022年4月25日(月)〜5月18日(水)
時間:11:00〜19:30
場所:神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9神田ポートビル1F)
入場料:無料
URL:https://www.kandaport.jp/event/20220422

昨年のゆかい15周年イベントやクリスマスに提供した「Tom’s drip coffee time」の深煎りドリップコーヒーを、
神田ポートビルオープン1周年にあわせて販売します。

ぜひお越しください。

IMG_0323_600

開催日:2022年4月26日(火)OPEN:11:30/CLOSE:17:00
場所:神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9神田ポートビル1F)

珈琲:1杯 ¥500(税込)


2022年5月5日、あかるい写真館企画として、
「からだの記憶とかおの記念」というタイトルのワークショップを開催します。

今回のワークショップでは、こどもの日ということもあるので、
お子さまの成長の「記録と記念」を絵と写真で構成したポスター作品をつくります。

また、完成したポスター作品と一緒にポートレイト撮影するというプログラムになってます。

事前予約制/先着順となっておりますので、定員に達し次第受付は締め切らせていただきます。

みなさまお申し込みお待ちしております。

_DSC9658_800

_DSC9700_600

あかるい写真館企画
「からだの記憶とかおの記念」ワークショップ
開催日:2022年5月5日(木・祝)
受付開始:10:30
ワークショップ:11:00〜12:00
場所:神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9神田ポートビル1F)
対象:親子(3~12歳)
定員:8組 ※先着順/ ̶定̶員̶に̶な̶り̶次̶第̶受̶付̶は̶終̶了̶
※定員に達しましたので募集を締め切らせていただきます。お申し込みありがとうございました。
参加費:2,500円
オプション:オリジナル台紙付きプロプリント(2Lサイズ) 1枚:2,200円(税込)

お申し込み方法 Peatixイベントページより事前にお申し込みください。
̶h̶t̶t̶p̶s̶:̶/̶/̶a̶k̶a̶r̶u̶i̶w̶s̶-̶k̶a̶r̶a̶d̶a̶-̶t̶o̶-̶k̶a̶o̶.̶p̶e̶a̶t̶i̶x̶.̶c̶o̶m̶/̶

ワークショップの流れ:
➀お母さん、お父さんにお子さんの体のシルエットを線で描いてもらいます。
➁お子さんの顔の写真を撮影し、出力したものシルエット画の顔の部分に貼ります。
➂クレヨンやマジックペンを使って色や絵を自由に描けば完成です!
④最後は、完成したポスター作品と一緒に記念写真を撮影!
※撮った家族写真は、後日jpgデータでお送りします。

IMG_6641_600

「触れる」をテーマとして展開しているゆかいワークショップ。
今回は「種に触れる」を開催します。

講師には、フラワーアーティスト・michikoさんとスパイス料理研究家・Spice Birdさんによるユニット「花とスパイス研究所」をお招きします。

ワークショップでは、種(スパイス)にまつわるお話しでちょっと知識を深め、
種・葉・花など植物を丸ごと使ったアレンジメントを制作します。

その後にはサウナに入っていただき、今回特別にご用意するスパイスロウリュをご体験いただけます。
サウナの後にはスパイスを使ったデザートも召し上がっていただける、
学びと五感すべてで体験するプログラムとなっております。

「種」のもつさまざまな表情や性質に触れる時間をお楽しみください。

なお、事前予約制/先着順となっておりますので、定員に達し次第受付は締め切らせていただきます。

みなさまお申し込みお待ちしております。

種に触れるポスター_600
写真:池ノ谷侑花

image_50413057_600
会場にはフェンネルの種や苗などを展示。実際に手に取ってご覧いただけます。

image_67159041_600
制作したアレンジメント作品は、フェンネル染めのリボンのついたバッグに入れてお持ち帰りいただきます。サウナの後にはフェンネルのアイスクリームをお召し上がりください。


—–
ゆかいワークショップ
「種に触れる」

開催日:2022年5月14日(土)
会場:神田ポート/サウナラボ神田(東京都千代田区神田錦町3-9 神田ポートビル1F/B1F)
参加費:12,000円(材料費/サウナ料金込)
定員:8名
募集締切:2022年5月6日(木)※先着順/定員になり次第受付は終了
講師:花とスパイス研究所(フラワーアーティスト・michiko/スパイス料理研究家・Spice Bird)
時間:13:00〜16:30
内容・タイムテーブル:
13:00〜14:20 ワークショップ(種のお話/アレンジメント制作)
14:30〜16:00 サウナラボ神田でサウナ(スパイスロウリュ)
16:00〜16:30 スパイスデザート試食会

お申し込み方法: Peatixイベントページより事前にお申し込みください。

https://tane-ni-fureru.peatix.com


【講師profile】
「花とスパイス研究所」
葉・花・タネまで植物の命を丸ごと束ねて。アレンジメントと料理、さまざまな形で花・ハーブ・スパイスの魅力を発信するプロジェクト。 インスタグラム: @flower_spice_lab

michiko-photo_150
michiko(フラワーアーティスト)
生花店勤務後、渡仏。PARISにて生花店勤務、創作活動開始。2007年より、東京に拠点を定めフラワーアーティストとしてデビュー。広告、雑誌等の撮影用のフラワーワークや店舗、イベント装飾で活躍。生花・植物だけでなく造花・布・紙などを使い独創的なフラワーアートの世界を創りあげる。
Instagram:@flower_michiko

spicebird_150
Spice Bird(スパイス料理研究家)
フランス料理でスパイスに触れ、その面白さに目覚める。本格的にインド・スリランカ料理を学んだ後、都内で間借りのスパイスカレー店「Spice Bird」を開店。現在は自宅で少人数制の食事会やレッスンを中心に活動中。インドに限らず、ヨーロッパ、中東など世界のスパイス料理を探求している。
Instagram:@_spicebird


—–
※来場時のお願い
・入場にあたり、マスクの着用・アルコール消毒・体温測定等、感染症拡大防止へのご協力をお願いいたします。
・発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方は、ご来場をお控えください。

※会場内の感染予防
・会場内の清掃、換気、手が触れる場所の消毒を定期的に行います。

_DSC8550

_DSC8519

_DSC8513

_DSC8533

_DSC8536

_DSC8535

_DSC8505

_DSC8514


photo:Yuka Ikenoya
    
2022年4月10日(日)をもちまして、
「ONICAのニットと生活展 with Maya Matsuura」は無事に終了いたしました。
おかげさまで多くの方々にご来場いただくことができました。
心よりお礼申し上げます。

2022年4月26日(火)神田ポートビル開館1周年記念企画「茶道+サ道」を開催します。
本企画は、サウナラボ神田のサウナ→茶会(亭主・藤本信行)へご出席というプログラムになっており、
”ととのい”後の一服をお楽しみいただけます。

なお、事前予約制/先着順となっておりますので、定員に達し次第受付は締め切らせていただきます。

みなさまお申し込みお待ちしております。

茶道とサ道ポスター_600

主菓子_600
今回の主菓子(苺とライムのヴィーガンチーズケーキ)


神田ポートビル 開館1周年記念企画
「茶道+サ道」

【開催日】2022年4月26日(火)
【場所】神田ポート「?室」(東京都千代田区神田錦町3-9神田ポートビル1F)
【参加料】4,700円 ※サウナ料金込み
【席数・定員】全3席 各席3名まで
【時間】各席 サウナ90分 → 茶会約40分 
【当日の流れ】サウナラボ神田でサウナ→茶会へ出席
【タイムテーブル】
①12:30〜14:00(サウナ)→14:15〜(茶会)
②14:00〜15:30(サウナ)→15:45〜(茶会)
③15:30〜17:00(サウナ)→17:15〜(茶会)

【内容】お点前・お抹茶(お薄)・主菓子(苺とライムのヴィーガンチーズケーキ)付き
【募集締切】2022年4月17日(日)※先着順/定員になり次第受付は終了
【お申し込み方法】
下記のPeatixイベントページより事前にお申し込みください。
https://sado-to-sado.peatix.com

【企画】神田ポート


———
【茶道+サ道】
地下にサウナを作るプロジェクトから始まった神田ポートビル。そのテーマは「街にできた港」。休むために訪れ、そしてまた出発する、そのための何かきっかけとなる場にできたらと、文化的な要素を複合的に取り込み、さまざまな企画に取り組んでいます。
 神田ポートには「?室」と題されたお茶室があります。設計は建築家の藤本信行、発案者は写真家の池田晶紀です。池田の「この場所をお茶室にしましょう!」の一言から実現した「?室」。一階のコミュティスペースに併設され「なんでここに?」と少し違和感すらある場所に設けてあるのが特徴で、神田ポートならではのアプローチといえるでしょう。奥まったところにある扉を勇気を出して開き、中を覗いてみると、そこは日常の世界から少し感覚の世界へと誘う空間になっています。
 この場を舞台にしたプロジェクトの第一弾として開催するのが「茶道+サ道」です。二つの共通項を探るべく、地に座り、壁と向かい合う時間から、あらたな「気づき」や更なる「ととのい」を見出せたらと考えています。
 単なる駄洒落のような掛け合わせが、意外な導きを招くかもしれません。すうっと何かが抜けていくような空間と時間をお楽しみください。
—–
※来場時のお願い
・入場にあたり、マスクの着用・アルコール消毒・体温測定等、感染症拡大防止へのご協力をお願いいたします。
・発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方は、ご来場をお控えください。

※会場内の感染予防
・会場内の清掃、換気、手が触れる場所の消毒を定期的に行います。

2022年4月15日、16日、17日の3日間、神田ポートでは、
福祉をたずねるクリエイティブマガジン〈こここ〉の1周年企画として、
「のんびり縁日へようこそ」が開催されます。


普段はwebを媒体として福祉に関わるさまざまなコンテンツをお届けしている〈こここ〉。
今回は創刊1周年を記念し、リアルな場で「出会って/話して/考える」ことを、
みんなでのんびりと楽しんでいただければと思います。

会期中には、オンライントークやさまざまな福祉施設グッズが揃ったマーケットなど、
楽しいコンテンツが盛りだくさんです。

詳しい内容は、〈こここ〉「のんびり縁日へようこそ」イベントページにてご確認ください。
https://co-coco.jp/series/event/ennichi2022/

みなさまのご来場をこころよりお待ちしております。

nonbiri_bannr_600

ippin_600


福祉をたずねるクリエイティブマガジン〈こここ〉1周年企画
「のんびり縁日へようこそ」

日時:2022年4月15日(金)〜17日(日) 11:30〜19:30
会場:神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9 神田ポートビル1F)
入場料:無料
事前予約:不要
※オンライントークの視聴には、申し込みと参加費が必要です
主催:マガジンハウス〈こここ〉
協力:神田ポートビル、株式会社ゆかい、一般社団法人コレカラ・サポート
運営:〈こここ〉編集部
URL:https://co-coco.jp/series/event/ennichi2022/




※来場時のお願い
・入場にあたり、マスクの着用・アルコール消毒・体温測定等、感染症拡大防止へのご協力をお願いいたします。
・発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方は、ご来場をお控えください。
・展示スペース内の滞在人数に応じ入場制限を実施する場合がございます。

※会場内の感染予防
・会場内の清掃、換気、手が触れる場所の消毒を定期的に行います。

2022年4月5(火)より、ニットデザイナー・黒沢秋乃が展開するニットレーベル「ONICA」の展覧会、
「ONICAのニットと生活展 with Maya Matsuura」を開催します。

昨年も神田ポートで開催し、大変ご好評をいただきました。
会期中は展示されている新作ニットのオーダーも受け付けます。

ぜひお越しください。

IMG_0309-2のコピー2_600
photo:Maya Matsuura

IMG_0555-2のコピー_600
photo:Maya Matsuura




ONICAのニットと生活展 with Maya Matsuura
会期:2022年4月5日(火)〜10日(日)
時間:11:30〜20:00 ※最終日18:00まで
会場:神田ポート (〒101-005 東京都千代田区神田錦町3-9 神田ポートビル1F)
企画:株式会社ゆかい




フィンランドでニットを学んだデザイナーが立ち上げたONICAが、北欧を拠点にする写真家・松浦 摩耶とコラボレーション。ONICAのニットを着て生活するコペンハーゲンの人々を記録した写真を展示。 会期中限定で、展示されているニットのオーダーを受け付ける。ONICAの世界観を体感できる貴重な機会、ぜひ足を運んでみて。


【ニットウェア】
ONICA
Instagram https://www.instagram.com/onicaknits/
Official web onicaknits.com

【写真】
松浦摩耶(日本)

※展示期間中のみ ONICA最新コレクションのオーダーを会場にて承ります。

【ONICAブランド概要】
デザイナー黒沢秋乃がフィンランド留学中にニットの面白さと出会いスタートしたニットウェアレーベル。「身近な人の内面や佇まいを彩るもの」をコンセプトに1年に1度ニットコレクションを発表している。「思いが残る」衣服となるよう、アイテム毎に日常の心象的な事柄を投影し、目の届く範囲で丁寧なものづくり を行なっている。

【デザイナープロフィール】
黒沢秋乃/Akino Kurosawa
多摩美術大学を卒業後、アアルト大学大学院(フィンランド)ファッションデザイン科を修了。フィンランドで人々の生活に根付いているニットと出会う。卒業コレクションがイエール国際モードフェスティバル(フランス)で ファイナリストに選出。ヘルシンキファッションウィーク、パリ ファッションウィーク、21_21DESIGN SIGHTなどで作品を発表し帰国。ニット企画会社にて経験を積んだ後、2020年よりONICAをスタート。 2021年2月JFLFアワード受賞。


【写真家プロフィール】
松浦摩耶/Maya Matsuura
コペンハーゲンと東京を拠点に活動するフォトグラファー。 ISSEY MIYAKE〈HaaT〉のインドでの手仕事を追った『インドの 手仕事、それは未来』( 講談社mook PERFECT DAY )や、デンマ ークのテキスタイルアーティストKarin Carlanderのドキュメンタ リーなどものづくりや暮らしをテーマに撮影・映像制作などを行なっている。


—–
※来場時のお願い
・入場にあたり、マスクの着用・アルコール消毒・体温測定等、感染症拡大防止へのご協力をお願いいたします。
・発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方は、ご来場をお控えください。
・展示スペース内の滞在人数に応じ入場制限を実施する場合がございます。

※会場内の感染予防
・会場内の清掃、換気、手が触れる場所の消毒を定期的に行います。

【前期】
_DSC0337

_DSC0341

_DSC0342

_DSC0344

_DSC0368

_DSC0376


【後期】
DSC_7310

DSC_7311

DSC_7313

DSC_7314

DSC_7316

DSC_7321

photo:Yuka Ikenoya
    
2021年12月26日(日)をもちまして、
みずのき美術館コレクション展「みて、居る vol.1」は無事に終了いたしました。
おかげさまで多くの方々にご来場いただくことができました。
心よりお礼申し上げます。

2021年11月3日(水)より、京都・亀岡にある「みずのき美術館」のコレクション展を開催します。

今後、コレクション展は定期的に開催していく予定でおり、
今回はその第1回目の展覧会となります。

ぜひご覧ください。

みずのきB1_t_700
photo:Yuka Ikenoya


みずのき美術館は名前の由来でもある障害者支援施設みずのきの絵画教室で生まれた作品を所蔵する美術館で、
池田晶紀を中心に、ゆかいとはこれまでも展覧会や福祉をテーマとしたアートイベントでの交流がありました。

神田ポートのギャラリースペース(元ドラックアウトスタジオ)では地域性を活かした活動の拠点となるべく、
その最初の試みとして、みずのき美術館と協働し「障害のある方が生み出す時間」をテーマに据え、
「みて、居る」というシリーズ企画としてコレクション展を継続して開催していくことにしました。

その第1弾となる本展では、2万点をこえるみずのき美術館のこれまでのアーカイブ作品の中から、
神田ポートのプロデューサー・小林知典がテーマを位置付け、作品の選定を行いました。

ぼくらは「あたらしい見方」を知ることで、発見をし、その感動を暮らしのよろこびに変えていく、
そのような活動を通すことでこの街の港(ポート)が、多様な「出会いの場」になっていくと考えています。

ぜひ、生活の船出となるきっかけをつくりに、神田ポートへお立ち寄りください。


—–


みずのき美術館コレクション展「みて、居る vol.1」作品選定にあたって


本展開催にあたり、作品の選定をするためのテーマを「風景」としました。

あえてテーマを据えたのは、2万点にも及ぶ作品を1点ずつ見ていくなかで、
みずのきの作家たちが描いて残してきた作品から、広大で、豊かな時間としての風景が見えてきたからです。

「みて、居る」と題する本展では、障害の有無は関係なく、誰しもがそこで見た、そこにいた時間というものがあるはずで、
それぞれが過ごした時間や見えていたものの風景をこの会場に浮かび上がらせることができたらという思いがあります。

今回の展覧会を通じて、みずのきの作家たちが見ていた「風景」に想いを馳せながらご覧いただけるとうれしいです。


神田ポート・プロデューサー
小林知典




神田ポート企画 
みずのき美術館コレクション展「みて、居る vol.1」


【会期】
前期:2021年11月3日(水)〜11月26日(金)
後期:2021年12月1日(水)〜12月26日(日)
※11月27日(土)〜30(火)はイベント/展示替えのため休廊となります。
【時間】
11:30〜19:00
【会場】
神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9 神田ポートビル1F)
【URL】
https://www.kandaport.jp/


注記
※神田ポートでは会期中に会場を撮影スタジオとして使用することがあるため、
一時的にクローズさせていただくことがあります。ご了承ください。

〜近日中クローズ日程のお知らせ〜
11月7日(日) 11:30〜14:00
11月12日(金) 11:30〜14:00
11月14日(日) 11:30〜15:00
11月17日(水) 15:00〜18:00
11月18日(木) 11:30〜15:00
11月21日(日) 11:30〜18:00
11月27日(土) 11:30〜16:00
12月5日(日) 11:30〜14:00

※来場時のお願い
・入場にあたり、マスクの着用・アルコール消毒・体温測定等、感染症拡大防止へのご協力をお願いいたします。
・発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方は、ご来場をお控えください。
・展示スペース内の滞在人数に応じ入場制限を実施する場合がございます。

※会場内の感染予防
・会場内の清掃、換気、手が触れる場所の消毒を定期的に行います。

この度、ゆかいが2021年10月10日に15周年を迎えるにあたり、
15周年企画1dayイベント「あたらしい時間」を開催することになりました。

日頃の感謝の気持ちをこめて、ささやかながら、
メンバーそれぞれのおもてなしでみなさまをお迎えできればと思います。

どうぞお気軽にいらしてください。

あたらしい時間ポスター_ol_800


おかげさまで写真とデザインの会社「ゆかい」は、10月10日で15周年を迎えます。

そこで、新たな活動の拠点となっている神田ポートビルで、ささやかな企画を催そうと思います。テーマは「あたらしい時間」です。ゆかいマネージャー/神田ポートプロデューサーの小林知典は、おいしい深煎りのドリップコーヒーを提供し販売。そのコーヒーをご注文くださった方限定で「コーヒーと私のいる時間」のポートレイト撮影を写真家の池ノ谷侑花が担当。ゆかい主宰の池田晶紀は、音楽担当ということでDJを。写真家のただは、当日までのおたのしみ。と、各それぞれのメンバーが考えたあたらしい時間の使い方について、来て頂いた方におもてなしをする内容となっております。たった1日限定の出来事となりますが、もしかしたら、小林知典のドリップコーヒー屋さんは、不定期にも定着するかもわかりません。「あかるい写真館サウナアー写」もこの日よりサウナラボ神田さんとの連携をとりながら、サウナ好きのための写真館計画を予定していこうと考えております。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

株式会社ゆかい メンバー一同


—–
株式会社ゆかい15周年企画1dayイベント
「あたらしい時間」

開催日:2021年10月10日(日)11:30〜19:00
場所:神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9神田ポート1F)
URL:https://www.kandaport.jp/

【おもてなしメニュー】
池田晶紀:DJ& TALK「’95」
小林知典:ドリップコーヒー屋「Tom’s drip coffee time」
池ノ谷侑花:ポートレイト撮影「コーヒーと私のいる時間」
ただ:ホームクッキングと趣味のDIY「ちょうどいいスコーンと強冷水」
藤本信行:お茶室でオープンな自主トレ 「HOME WORK」

 
【ご来館時のお願い】
・入場にあたり、マスクの着用・アルコール消毒・体温測定等、感染症拡大防止へのご協力をお願いいたします。
・発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方は、当日のご参加をお控えください。
・会場内の清掃、換気、手が触れる場所の消毒を定期的に行います。

IMG_0323_600「Tom’s drip coffee time」

IMG_0293_600
「コーヒーと私のいる時間」

'95_600
「’95」

S__11845766_600
「HOME WORK」

神田ポートのショップコーナーでは、
イラストレーターの下平晃道(Murgraph)さんと多田玲子さんによる「サのダ皿」フェアを開催します。

「サのダ皿」は、お二人がSAUNAをテーマに、
ユニークでかわいらしいイラストが描かれたお皿のシリーズ作品です。

店頭にて販売しておりますので、お買い求めの方はぜひ神田ポートへ。

お待ちしております。

キービジュアル_600
illustration:Reiko Tada/photo:Masanori Ikeda


【Profile】
下平晃道(Murgraph)
1973年 東京生まれ、現在京都市在住。1998年 東京造形大学彫刻学科卒業。2002年よりフリーランスのイラストレーター(Murgraph または下平晃道)として活動を始める。以後、広告、雑誌、装画、ウェブサイト、ミュージシャンやファッションブランドとコラボレーションした商品等のイラストレーション。ライブドローイングなどの仕事を手がけている。2008年より、イラストレーターとしての名義を Murgraph(マーグラフ)へ統一。http://www.murgraph.com

多田玲子
1976年福岡生まれ東京育ち多摩美術大学彫刻科卒。独特の色使いとマーカー使いで絵と漫画とお話を描きます。多数の装丁、雑誌、アルバムジャケット、ファッションブランド等の仕事を国内外問わず手がけています。2人組パンクバンド「Kiiiiiii」のドラマーですが休業中。http://tadareiko.com


多田玲子さん作品_202109223959
©️Akinori Shimodaira

多田玲子さん作品_202109223935
©️Reiko Tada

多田玲子さん作品_202109223995
©️Reiko Tada

多田玲子さん作品_202109223956
©️Reiko Tada

多田玲子さん作品_202109223948
©️Akinori Shimodaira

多田玲子さん作品_202109223940
©️Akinori Shimodaira

多田玲子さん作品_202109223938
©️Akinori Shimodaira

多田玲子さん作品_202109223973
©️Reiko Tada

多田玲子さん作品_202109223976
©️Reiko Tada

写真:ゆかい